ほのぼの生きる

20年ほど生きてきた私の意見を書きます

新しいパソコンを買いました。【番外編】

こんにちは

 

本日は、番外編ということで

Windows10 の無償アップグレード終了後に

私がどのようにアップグレードしたのか解説いたします。

 

逃してしまったという方、参考までにどうぞ。

 

 

2つの方法でやりました

まず、1つ目の方法。

私は、メインパソコン用にWindows10 Proの32 and 64bit のインストールディスクを作成していました。

しかし、Windows8.1 HomeからProなんてできるのか半信半疑でしたので、マイクロソフトのWindows10インストールメディア作成ツールを用いて、Windows10 Home 64bitのインストールメディアを作成しました。

最初、ISOをDVD-Rに焼いてDVDからブートしたのですが、なぜかプロダクトキー入力の画面で停止して動かなくなってしまったので、強制終了しあきらめかけていました。

 

そこで、、、、、

 

2つ目の方法

ダメもとで、DaemonTools Liteを使い、ISOファイルを仮想ドライブにマウントしてWidnows10のインストールをかけてみたことろ、なんと、ライセンス認証されました。

本当になぜなのかわかりません。

無償アップグレードは終了しているのにも関わらず、ライセンス認証も通過し、何事もなく、更新プログラムも適用され、最新の状態です。

マイクロソフトの狙いは、無償期間を設けることでプレミア感を醸し出し、OSの更新を推し進めることだったのでしょうか。。。

本当になぞです。

 

とりあえず、アップグレードし忘れたけど、アップグレードしたい!!!

という心の持ち主は、

インストール用のISOファイルを仮想ドライブにマウントし、インストールをしてみてください。

 

いつまでこの方法が使えるか分かりませんが、サポートの短いOSを使い続けてセキュリティ面をおろそかにするより、自分からOSの変化に適応した方がいいと思います。

 

また、今後いずれはWindows10を導入する予定のある方も、1度アップグレードすることで、Windows7 or 8.1 に戻したとしても、サポート終了後にアップグレードすることができます。

アップグレード権を取得しておくだけでも、2万円近くの節約になりますので、時間を惜しまない方は1度だけでいいのでWindows10へアップグレードしておきましょう。

 

 

今回は以上にしたいと思います。

ではでは